2010年11月20日土曜日

基本情報技術者

合格してました。
うれしいというよりホッとしたと言うのが正直な感想。
やっぱあれか、昼に食べた肉チャーハン定食が効いたのか?

とりあえず、次回何を受験するかはまだ決めていません。
候補としては、順当に応用情報技術者か、ちょい飛躍してネットワークスペシャリストあたりかな。
それに加えて情報セキュリティスペシャリストも取得できればまあ食いっぱぐれはなさそうだけど、
それぞれその難度がハンパないので多分スペシャリストレベルの複数取得は難しいでしょう。
俺の脳みその性能的に考えて。

まあネットワークスペシャリストに絞った方が無難かな。
個人的にもネットワーク技術に興味はあるし、
そもそもネットワーク技術者ってプログラマよりも希少だもんな。
まあ俗に言うハッカーと呼ばれる領域のプログラマの方がもっと希少だけど、
俺はおそらくもうその領域まではいけないと思う。
年齢と言うより、どちらかというとこれは資質の問題だと思う。

でもやっぱり凡庸なプログラマ程度の能力は欲しいし、プログラミングは好きだから、
多分プログラミングの勉強はやめることは無いと思う。
なりたいものになれないことと、その分野が好きということは別問題。
プロ野球選手になれなくても野球が大好きな人はたくさんいる。それと同じだ。
少なくとも個人的にはそう思っている。

まあなんにせよ、とりあえずIT分野で前に進む取っ掛かりはつかめた感触はあったかな。
30半ばを過ぎても、頑張ればなんとかなるもんですね。
だが本当の地獄はここからだ・・・!(byベジータ)